パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

パチクラウド#20「顔も知らない誰か」

2020.06.16

悲しい出来事が発端となり、ネット上における誹謗中傷について取りざたされることが増えている。
そもそもネット上に限らず、謂われなき誹謗中傷は許されざることなので、こうやって大切な命が失われてやっと議論が始まるというのは遅すぎる気がするけども。
 
というか、この話題について、もうどこかで書いたっけ?
 
あのね、自粛生活の影響で、ここのところ仕事が増えているんですよ。
もちろん実戦系の仕事は中止や延期になっているのだけど、それを埋めるために雑誌などでコラム系のページが増えていることがその理由。
 
先月あたりはパチクラウドも含めると、月に10本以上の記名原稿(悪☆味の名前を出して書く記事)を書かせてもらった。
執筆仕事がそれだけあるのは喜ぶべきことなのだけど、正直、記名原稿が月に10本とかになるとさすがにキツい(笑)
 
そのペースでコラムを書いていると、自分で何を書いたのか忘れてしまうんですよ。
ツイッターで触れたのか、コラムで話題にしたのか、完全にあやふやで。
 
ただ、少なくともパチクラウドでは取り上げていなかったようなので、今回はこの話題についてコラムを書いてみる。
 
顔や名前を出して仕事をしていれば、多少なりとも何かしらの批評を受けることは避けられない。
自分だって、そりゃ色々と言われてきましたよ。
それこそ好感度なんてまったく気にしないでモノを言ってしまうタイプなので、当然のように批判も受けてきた。
 
とはいえ、以前にも書いたけれど、自分は嫌われることに慣れているんですよ。
 
たとえば容姿についてアレコレ言われたりすれば、文章を書くのに容姿は関係ないだろうと思ったりはするけれど、だからといって顔も知らない誰かに言われたことで気に病んだりすることはない。
 
だって、顔も知らない誰かに言われたことで自分の作品(原稿)に影響が出て、もしそれで仕事が減ってしまっても、その顔も知らない誰かは責任を取ってくれないんだから。
 
別に顔も知らない誰かに好かれるために仕事をしているわけではなく、あくまでもクライアント(出版社など)に買ってもらえる作品を作ることがライターの仕事なんですよ。
 
ただし、そんな顔も知らない誰かの声を完全に無視するのかと言えば、そういうわけでもない。
いやむしろ、目に入るものはなるべくチェックするようにしているし、謂われなき批判だからといって目をそむけるようなことはしない。
 
特に自分の場合、パチクラウドでの自分のコラムはほとんどが無料で閲覧できるが基本的に無料媒体では仕事をしないので、お金を払って自分の文章を読んでくれている読者さんに対しては真摯に向き合う必要があるというのが大前提にある。
 
自分としては謂われなき批判だと感じるような意見でも、それはもしかしたら自分の文書が下手で、読者さんに真意が伝わっていない可能性だってあるわけだ。
 
だからこそ、どんな意見でもまずは耳を傾けて、どうしてそんな批判をされてしまったのか一度は考えてみることが重要だと思っている。
 
真面目でしょ?
そう、真面目なんですよ。
仕事に対してだけは。
 
実際に、批判的な意見によって新しい考え方に気づけたことだってあるし、まったくの無駄にはならない。
だから自分にとっては、非難でも否定でも、それらを含めた全ての意見が作品への『評価』だと思っている。
 
それこそ、同じ世界で仕事を長く続けていると周囲の人間は後輩ばかりになってくるじゃない?
そうなると、意見を言ってくれる人がだんだん減ってくるわけで、周りがイエスマンばかりになれば成長は止まってしまうし、どこかでおごりが出てきてしまうかもしれない。
 
それを抑制するためにも、自分にとっては批判的な意見すらも意味のあるものなんだよね。
批判の内容がどうこうではなくて、批判されるということが。
 
事実、長くやっているからなのか、なんか勘違いしていらっしゃるのかなと感じるライターさんもいるじゃないですか。
 
もしかしたら、もともとそういう性格なのかもしれないけれど、少なくとも周りに意見してくれる人がいれば行き過ぎを抑えてくれるのにと思う。
 
自分の考えが絶対という人間がもともと嫌いだから余計、目につくっていうのもあるかもしれないけれど。
 
そんなわけで、自分もそろそろ20年選手ですから、他人のふりみて我がふり…ってわけですよ。
すでに自分も老害になってきているなという自覚はあるのだけど、せめて周りが見えなくなった裸の王様にだけはならないように注意していきたいからね。
 
そういった意味でも、顔も知らない誰かの意見はむしろ現実社会でのしがらみがないからこそ、自分は大切にしていきたい。
 
パチクラウド宛に送ってもらったメールも、もちろん全て読ませていただいております。
本当に全ての意見が参考になっていますし、すでに今後の展望を考えるうえで影響を与えてもらっています。
 
長い自粛生活も明けつつあり、ようやくパチクラウド関連の打ち合わせも今週あたりから再開しようと思っているので、これからも忌憚のない意見をぜひ宜しくお願いします。

この記事を書いたライター

悪☆味

当サイトの発起人。サイトの立ち上げは人生最大のギャンブルとは本人の談だが、ここぞの勝負に負け続けてきた人間だけに不安が残る…