パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

パチクラウド#1「コンテンツの価値」

2019.12.09

遊技人口の増加を目指すと同時に、もうひとつ自分がやりたかったことは
『ライターがライターとして活動できる場』
を少しでも増やすこと。

パチンコ・パチスロ関連でも、近年は無料メディアが台頭して、コンテンツの主流も文章から動画へと移行した。
そんな現状において、パチクラウドは有料サイトであり、メインコンテンツは文章。
時代の流れに逆行していことは認識している。

それでも、待っているだけではライターとして活動できる場など増えるわけがない。
 
もちろん、無料サイトとしてやるという選択肢もあったけれど、自分の力では金銭的に不可能であり、何よりもコラムの質を維持するためにも有料こそが最適だと考えた。

たとえば……
1・有料媒体に掲載するコラムを執筆、報酬は1万円
2・無料媒体に掲載するコラムを執筆、報酬は3万円

という2つの原稿依頼があったとしよう。文字料と題材は同じとする。

当然、条件としては後者のほうが恵まれている。
しかし、どちらに力を入れるかと言えば、それは間違いなく前者。
 
あくまでも自分の場合ではあるが、読者さんがお金を払っているという意識があれば決して手を抜くことができない。
逆に無料で公開されるものについては読み手のことをそれほど考えないで済む。
言ってみれば、個人でやるブログのような感覚だ。

パチクラウドの連載を引き受けてくれたライターさんで、なかには原稿料はいらないと言ってくれた人もいたのだけど、その申し出はお断りさせてもらった。
 
仕事として取り組んでもらわなければ意味はないし、そのうえで有料の読者さんがいるということを意識してもらうことこそが質の向上に繋がると考えている。
とはいえ、非常に安い金額でお願いしているので、ライターの皆様には感謝しかありません。

つまるところ、ライターの作品(原稿や動画)を、読者さんや視聴者さんに購入してもらうという関係がもっともシンプルだと思うんですよ。
 
無料コンテンツが昨今の流れではあるが、無料とは言っても、別にこれは利益を放棄しているわけではない。
無料でコンテンツを提供する代わりに、それ以外の収入源を確保しているだけである。

具体的に言えば、たとえば無料の情報サイトなどは広告収入によって利益を得ることができる。
同じく無料の動画サイトも広告収入を得つつ、さらに演者さんの来店などをホールさんに販売して利益をあげている。
 
そう、時代が無料化の流れになっているというよりも、単純に収益源をシフトしているだけなのだ。
これまでの、ユーザーに直接なにかを売って利益を得るという形が、企業案件をメインにする収益スキームになっているということ。
実際のところ、表に出るライターや演者さんにとっては、そのほうがイメージも良いからね。

ただし、ここで勘違いしてはならないのは、たとえ情報や動画を無料で提供していても、ホールやメーカーから利益を得ているのであれば、その源泉はユーザーから出ているということ。
 
というか、メディアだけではなくP業界に従事している全ての人間は、自分たちの収入のほぼ全てが『ユーザーが負けたお金』から捻出されているということを絶対に忘れてはならない。

だからこそ全てのユーザーに感謝をしつつ、さらにパチクラウドでは有料会員になってくれた方々に対して、完全に寄り添った運営をしていくつもりです。
登録して良かった、金額以上の価値があった、そう思ってもらえるようなサイトを目指していくので是非とも宜しくお願いします。

この記事を書いたライター

悪☆味

当サイトの発起人。サイトの立ち上げは人生最大のギャンブルとは本人の談だが、ここぞの勝負に負け続けてきた人間だけに不安が残る…