パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

パチクラウド#2「金銭事情」

2019.12.12

ライターバブルなんて言葉が聞かれるようになって久しいが、その泡に巻き込まれずに活動しているライターもいる。

以前からの読者さんは知っているだろうけど、自分はホールやメーカーからギャラが発生する仕事(いわゆる来店営業やメーカー主催のイベント)は全て断っている。
まぁ、何年もそのスタイルでやってきて、さらには自分よりも遥かに知名度や人気のあるライターがどんどん出てきたこともあって、いまでは自分にオファーがくることなんてほぼなくなりましたけどね…。

そういった仕事を断ってきた理由は色々とあるのだけど、そのひとつは誰にも遠慮をせずに書きたいことを書きたいから。

ホールに対しても、メーカー(機種)に対しても、ダメだと感じたことはそのまま書きたいし、逆にギャラを貰ったうえでクライアントのマイナスになるような発言をするのは筋が違うと思っている。

そうそう、ユニバカ・サミフェスなど、本音を言えば受けたかった仕事もある。
ただ、そこだけ例外を作ってしまうのは嫌なので泣く泣く断り、でもやっぱり行きたいから一般客として来場したこともある(笑)。
まどマギ2の試打イベントなどは、一般抽選に応募して参加したものだ。

そんなスタイルでやってきた結果、ライターとしての収入はイチ社会人としてあり得ないレベルまで落ち込んでしまった。

誇張でもなんでもなく、パチスロで勝たなければ生活が成り立たないレベルだ。
だけど、今だってライター業だけで生活が成り立つくらい稼いでいる人だっているだろうし、それができないのは自分の実力不足ということだろう。
もちろん、雑誌が売れていた時代は、恵まれた待遇で仕事をさせていただいていたし。

とはいえ、それで後悔をしているわけではない。
書きたいことを書かせてもらえているし、やりたいようにやらせてもらってきたし、それほど悪くないライター人生を歩めてきたなと思っている。

ただし、このサイトを作ろうと思ったとき、お金を稼いでこなかったことを初めて後悔した。

これまでは辰巳出版(必勝本)というクライアントがいたからこそ、何をするにも資金がマイナスになることはなかった(実戦費を除く)。

それが今回は、最初からマイナスのスタートである。
それどころか、今後もおそらくサイト運営を黒字にすることは難しいでしょう。

そんな状況だから、自分に資金的な余裕がないことを後悔した。

大手のメディアと比べたら、パチクラウドなんてゴミみたいなサイトでしょうけど、それでもここまでくるのに200万円以上の資金を投入した。
当然、全て実費だ。
サイトの制作費、決済システムの仲介費、動画の制作費、ライターさんの原稿料、お手伝いしてくれているスタッフさんの人件費…まぁそれなりにかかってしまうよね。

しかも、サイトを立ち上げた最大の目的は、新規ユーザーの獲得にある。

パチンコ・パチスロに興味を持ってくれた人に、どうやったら実際にホールで遊技してもらえるだろうか…。
 
とりあえず動画は作っていくけど、それ以外にも色々と考えてはいる。
WEB漫画をやってみるのも良いかもしれないな、全国のホールに小冊子みたいな物を配布してみたらどうだろうか、とか。
でもね、漫画を書いてもらうのにも、小冊子を作るのにも、やっぱり何をするにもお金がかかるわけですよ。

その資金面の負担を軽減するために、有料サイトという形が必要だった。

先行投資の200万円を回収しようというのではなく、今後の運営コストを少しでも抑えることが目的だ。
だって、自分の資金がパンクした時点で、サイトは終わってしまうのだから。

そうはいっても、現時点では解析情報が掲載されているわけでもないのに500円(税抜き)というのは高いですよね。
自分はこのライターさんの文章が読みたいと思ったら、それだけで有料サイトに登録してしまうタイプなんだけど、普通の感覚であれば躊躇するでしょう。
にもかかわらず、有料登録してくれた皆様には本当に感謝しかないですし、決して高くはなかったと思ってもらえるコンテンツを提供していきたい。

本来であれば、スポンサーをつけてやるべきだったのかもしれない。
だけど、どこかに忖度をしたり、誰かに気をつかったりした文章なんて面白くもないでしょ?

まぁでも、始めたからには資金面の理由で終わらせたくはないので、スポンサーとは言わないまでも広告費などを提供してくれるメーカーさんやホールさんは大歓迎ですよ。
コラムの内容に口を出さないという前提ではありますけども。
 
さて、独りよがりで始めたサイトだけど、新規ユーザーの獲得という目的は、P業界に従事する人間にとっては決して他人事ではないはずです。

初回のコラム(#0)にも書いたけれど、現在のパチンコ・パチスロ業界を取り巻く諸問題については、遊技人口が増えればそのほとんどが解決に向かうでしょう。
そしてこれは業界人だけではなく、既存ユーザーにとっても大きな意味があると考えている。
遊技人口が増えてマイナスになることなんてないし、遊技人口が増えるほど既存ユーザーがよりパチンコ・パチスロを楽しめる環境になるでしょう。

だから、力を貸してください。
自分は好感度なんて気にしないのでハッキリ言います。
業界で働く方々は、どうかスポンサーになってください。
既存ユーザーの方々は、どうか有料会員になってください。

特にコラムなんて読みたくもないし、情報も必要ないっていう専業の皆様。
読まなくても良いから課金してください。
そのお金を使わせてもらって、遊技人口の増加に尽力しますので。

自分たちの生活がどうやって成り立っているかを考えたら、決して無駄な投資ではないですよね?

この記事を書いたライター

悪☆味

当サイトの発起人。サイトの立ち上げは人生最大のギャンブルとは本人の談だが、ここぞの勝負に負け続けてきた人間だけに不安が残る…