パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

パチクラウド#38「理想のホール」

2021.03.16

書きたいことはいっぱいあるんだけど、全然まとまっていないのに書き始めちゃっているので、おそらく長くなります。
なので、開店待ちでこれを開いてしまった貴方は一旦閉じて、開店後に天井を目指しながら読むことをお勧めしたい。
 
おおまかなテーマは軍団について。
 
パチクラウドでは猫旦那にコラムを連載してもらっているので、軍団擁護派なんでしょ?と言われることも多いのですが、否定はしないけどそれはまた別の話というのが本音なんですよ。
 
たとえば、ニュースなんかで詐欺師とかにインタビューしていることがあるじゃない?
モザイクを入れて、音声を変えて。
そういうのを見て、インタビューするくらいなら通報しろよ!って意見もあるけど、それと一緒でさ。
 
そういうものってフラットな立場でインタビューすることを条件にやっていると思うんだけど、そのニュースを見て、詐欺師の手口が少しでもわかれば、視聴者は気をつけることができるよね。
雑誌等で反社の人間などに話を聞いたりするのも同じ。
 
糾弾するのは簡単だけど、そうではなく実情を伝えることで視聴者や読者に注意喚起をするというのも、報道としてはひとつの形なんじゃないかと思うわけですよ。
 
パチンコ屋にいる軍団だって同じで、どうせいなくならないんだから、それならその軍団がなにを考えて、どういう動きをするかを知っておいたほうが個人にとってはプラスになるんじゃないかな、と。
 
だから軍団を擁護しているわけではないし、猫旦那の打ち方を賛美しているわけでもない。
 
それこそ猫旦那本人のことは好きだけど、ホールが被ればやっぱり自分のツモ率は下がってしまうので邪魔な存在である。
ただ、特定機種を一気に押さえて休憩札を取るような悪目立ちするようなことはしないし、自分にとっては他の専業たちとたいして変わらない。
 
いなくなるに越したことはないけど、設定を使っているホールで競合する専業がいないことなんて滅多にないからね。
 
そもそも前提として軍団の定義を確認したいのだけど、雇い打ちをしている専業をトップに置いたグループを軍団と称するのだと思う。
 
一般的にはそういう軍団だけが批判の対象になっているような気がするんだけど、それってどうなのかなと思うんですよ。
 
軍団の強みは人数であり、軍団の特徴はお金の流れにある。
 
それで言うなら、ピン専業同士で集まって情報を共有しながら打つこともあるけど、それはお金の流れが独立しているから軍団とは言わないのだろうか?
 
家族や友達、彼氏彼女にお金を渡して打たせたりするのは軍団とは違う?
 
自分は仕事以外ではノリ打ちをしないし、雇い打ちをしたこともない。
ツモったあとに、仕事などが入って代打ちを頼むことはあるけど。
 
ただ、ホールで知り合いに合えば情報を共有しながら立ち回ることは普通にあるし、それはお金のやりとりがないだけで、一般の打ち手からしたらやはり邪魔な存在だと思う。
 
どう考えても、ひとりで打つより情報を共有しながら打つほうが高設定をツモりやすいからね。
 
結局、曖昧なんですよ。
 
むしろ個人的な考えで言えば、軍団だろうがピンだろうが勝っている人はすべて同じで、ホールや一般の打ち手にとっては邪魔な存在と認識されて仕方ないと思っている。
だからこそ、自分はホールや一般の打ち手さんになるべく嫌われないように心掛けているつもりだし、その点では軍団がイチバン目につきやすいというのは理解できる。
 
で、だ。
自分の通っているホールとかで、軍団やマナーの悪い専業がいた場合の対処法なんだけども、これはマジで役職(立場が偉そうな店員さん)にチクるのがイチバン。
 
自分自身がホールにとって優良顧客であると判断されていれば、何かしらの対応をしてもらえることが多いですよ。
 
出禁にならないまでも注意を受ければ、あまり目立った動きはしづらくなるので、少なくとも抑止力になるので。
 
自分はこんな仕事をしている立場上、ホールの店員さんとは極力しゃべらないようにしているし、自分だって招かざる客だと自認しているのでチクったこともない。
 
でも、ここでアイツのことをチクれば、おそらく出禁にしてもらえるんじゃないかなと思っているホールはいくつかある。
 
ホールだって、切っ掛けがないから出禁や注意をしていないだけで、目をつけている軍団や専業っているものなんですよ。
 
だから、常連になっているホールで自分が優良顧客だという自信があれば、店員さんに相談することも一考してみてください。
 
うわべの内容だけなら、ここで終わっても良いのでしょう。
でも、現実はそれで全てが丸く収まるほど簡単なことでもないんですよ。
いや、店員さんに言って対応してもらえれば実際に効果があるでしょう。
ただし、それが一時的で終わってしまうホールも少なくないんじゃないかな。
 
特にホールが密集している都心部などでは、陣取り合戦のような感じなんですよ。
ひとつの軍団が出禁にされたら当該ホールの競争率は下がるわけだから、その隙間に新しい軍団や専業が入ってくるのは必然の流れ。
そのたびに店員さんに提言しても良いけど、結局はいたちごっこになってしまうんじゃないかな。
 
それを踏まえてもマナーの悪い軍団はチクってやったほうが良いと自分は思うけどね(笑)。
 
ただ、軍団よりも情報を共有する専業たちのほうが現実には厄介という場合もある。
というのも、軍団って軍団長の顔さえ覚えておけば特定するのが簡単じゃないですか。
 
でも、個人の専業が集まっている場合、誰と誰が情報を共有しているかわからないし、全員の顔を特定するのも大変。
だから、マナーの悪くない軍団であれば、その軍団を泳がしておいたほうが得になる場合もあるんじゃないかなと。
 
軍団の動きを見て、当たり機種の判断などができることだって多いしね。
 
でね、ここまで書いておいてなんですが、そもそも軍団が邪魔だと感じるようなホールに行くのは正解なんだろうか?というのが本当に書きたかったことなんです。
 
いや、軍団の有無にかぎらず、ホールの選別についてというほうが正しいかな。
 
サチィがコラムで書いていたステマ云々の話も、結局はそういう意味のことだと思う。
アイツ、日本語が下手だから意味がよく伝わらなかったかもしれないけど。
 
 
・軍団がいるから居心地が悪い
・軍団がいるからツモれない
・抽選人数が多すぎて狙い台に座れない
・当たり末尾、全台系をすぐに専業が埋めてしまう
 
 
このうち一番上だけは店員さんにチクって出禁なり注意してもらえればすぐに解決するでしょう。
それ以外については、ホール選択をそもそもミスっている可能性があると思うんですよ。
 
東京や大阪なんて特に、これだけホールの数が多いのに、一部のホールに大挙して人が集まるでしょ?
それこそステマを使っているホールなら、地域の専業だけでなく目ざとい打ち手があちこちから集まるわけで。
 
そりゃ抽選勝負になるのは当然だし、人数が強みの軍団に勝てるわけがない。
 
台番末尾の法則や全台系をやるホールだってそう。
同じ条件で打たされたら、人数を抱えていたり、情報を共有する専業たちを出し抜くのはなかなか難しいわけですよ。
 
なら、どうすれば良いのか。
 
何よりも重要なことは自分の能力を決して過大評価せず、自分の能力と性格(打ち方)に合わせたホールを選択すること。
 
軍団や専業が多いホール=設定状況の期待度が高いホールというのは間違いないけど、だからといって自分にとって勝ちやすいホールとはならないからね。
 
これは本当に自分も意識していることで、一般の専業と比べたら最下層レベルの自分は、打ち手の面子(めんつ)によって避けているホールがいっぱいある。
 
目安として、予想される当たり台数に対して、倍以上の専業が来店するようなホールは避けるようにしているし、設置台数に対して8割以上の人数が集まるだろうホールにもほとんど行かない。
 
では、実際にどういう基準でホールを選べば良いのか。
あくまでもピン稼働の人に向けて話を進めるが、具体的な例をちょっと挙げてみよう。
 
うちの地元には全部で5つのホールがあります。
現実には自分は地元以外で打つことのほうが多いので、あくまでも具体例のひとつとして。
 
 
A店:大手チェーン。7の付く日が特定日。それ以外にもステマや媒体系のイベント日あり
B店:地場の中規模チェーン。8と0の付く日が特定日。5の付く日はジャグラー推し
C店:B店と同系列。2と7の付く日とゾロ目(11日、22日)が特定日
D店:小規模チェーン。5と6の付く日が特定日。それ以外の日でもLINEなどで機種示唆あり
E店:少し離れた私鉄駅前の単独店。5の付く日が特定日。ゾロ目はジャグラー推し
 
 
それぞれのホールに特徴があり、また特定日以外にも狙い方があったりするのだけど、今回は単なる例題として挙げただけなので特定日に限定して話を進めていこう。
特定日くらいなら、一般の打ち手でも簡単に把握できるからね。
 
 
A店:店内の平均設定だけなら、おそらく最も高くなる。それが可能になるのは大手の強みでもある稼働で、低設定を打ってくれるお客さんが他のホールよりも多いから。ただし、設定6は極端に少ない印象で、また軍団を含めて専業も多くいる
 
B店・全台系あり。それを狙っている軍団や専業も多く、またピン専業の大半は情報を共有しながら打っている
 
C店:ジャグラーがメインのお店だけど、それ以外の機種にもチラホラ設定は入る。6号機の主力機種には設定6も入るが、過去の傾向を把握していないと設定を使う機種を絞り込めない。専業も多少いるが、軍団はいない
 
D店:未知数。稼働が低すぎて設定を使っていてもわからないし、機種煽りをしてもリセットすらかかっていない前例があるから専業は近寄らない
 
E店:最低限の設定状況は必ずあるが、決まったパターンがない。全台系などもやらず、設定投入の傾向が読みづらいので専業はほとんど狙わない。稀に軍団がきても、会員カードもなく出玉共有もできないから撤退を余儀なくされる
 
 
こんな感じかな。
 
このなかで専業向きなのが全台系をやるB店なのだけど、専業同士の繋がりが強いので、新規でそこに入ってやるのは不利。
 
逆にA店は客も専業も多いけど、全台系などがあるわけでもなく、平均設定は高めなので、低設定じゃなければOKという人には向いているでしょう。
 
C店は毎回のデータを取る努力さえすれば設定6が使われる機種が見えてくるし、専業も少ないから一般の打ち手でも対等にやれると思う。
 
D店はリスクを承知で耕してみれば、もしかしたら隠れ優良店になる可能性はある。専業はリスクを嫌うので、逆にそういったお宝になるお店は一般の打ち手のほうが探せる可能性は高いのかも。
 
そして、一般の打ち手が専業と同じスタートラインで設定5・6を打てる可能性が最も高いのがE店。上記した理由から軍団などが有利になるお店ではないので、過去のデータなどは何も知らないけど5の付く日が休日と重なったから行ってみるか…みたいな感じでも、誰もが同じ条件で高設定に座れる可能性がある。
 
イメージしてください。
自分が1日だけ好きな日に休みを取れるとして、どこのホールの特定日に行くか。
 
まずはあらためて自己分析をすると良いでしょう。
 
 
・機械割100%を少し上回る程度の台でも納得して打てるのか
・機種にこだわらず打てるか
・打てる台がなければ何も打たずに待っていられるか
・いつでも気持ちを切り替えてホール移動できるか
 
 
うちらみたいな人種は、打てる台がなければ打たずに待機するし、待機する意味がないと判断すれば迷わずホール移動をする。
機種のえり好みだって基本的にしない。
 
でも、一般の打ち手はそうじゃないよね。
特に気をつけてほしいのは、打ちに行ったら、なんだかんだでそのホールで打ち続けてしまうタイプの人。
 
そういう人が郊外店の、それも設置台数と同じくらい人が集まるホールになんて行ったら、たまたまツモれる日はあっても、トータルなら絶対に負けてしまう。
 
人間の気持ちなんて弱いもので、ダメだったらヤメる、移動する、帰ると決めていても、ズルズル打ってしまうことが多いというのもわかるので、それならそれでそんな自分を認めつつ、それに合ったホールを選ぶべきだと思うんですよ。
 
専業に有利なホールというのは得てして一般の打ち手にとっては不利な環境である場合が多いし、逆に一般の打ち手が有利なホールというのはないけれど、少なくとも専業と同条件で打てる環境のホールは存在する。
 
だから、設定状況だけではなく、客層や客数を含めたホール環境というのを重視してもらいたい。
 
そもそもだけど、軍団が邪魔だ、専業が邪魔だと言われるようになるのは、ホールの運営に問題がある場合が多いように感じる。
 
設定を使っているのが簡単に伝わるからと安易に全台系ばかりをやったり、媒体取材などを買って末尾などの法則を作ったり、目ざとい客ばかりが集まるのをわかったうえでステマを多用したりね。
 
高設定を使っていても、狙いが絞れないホールなら専業は避けますよ。
非等価のホールであれば、出玉共有をNGにするだけでも軍団を避ける効果があると思うし。
 
高設定は使うけど、なるべく専業ばかりにはツモらせないようにする。
 
これがホールの目指すべきところなんじゃないですかね?
 
そして、打ち手の皆様におかれましては、せっかく打つなら嫌な気分になることなく、また少なくとも勝負になるホールを慎重に選んでもらいたいなと思います。

この記事を書いたライター

悪☆味

当サイトの発起人。サイトの立ち上げは人生最大のギャンブルとは本人の談だが、ここぞの勝負に負け続けてきた人間だけに不安が残る…