パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

パチクラウド#3「現場へのこだわり」

2019.12.23

先日もツイートしたけど、あらためて。

SACHiCO氏のコラム(#1)はご覧いただけたでしょうか?
有料会員でない方に、軽く内容を説明しますと、とある6号機(2機種)についての挙動解説でした。
これさえ知っておけば、当該機種の設定6はほぼ完璧に、しかも最速で見極めることができるでしょう。

とはいえ、おそらく大半の読者さんにとっては『へぇ、そうなんだ』くらいの感想だったのではないかと思う。
機種の鮮度だったり、ホールの状況だったりが影響するので、それほど設定6を狙える機会なんてないでしょうから。

だけど、本当に注目してもらいたいのは内容そのものではない。
 
というのも、巷にはこれだけパチンコ・パチスロの関連メディアが多くあって、専門ライターもいて、情報サイト等だって無数にあるにもかかわらず、SACHiCO氏がコラムで書いた情報が何故これまで出てきていないのか。

答えは簡単。
単純に打っていないんですよ。

そもそも、パチンコ・パチスロ関連メディアといっても、それぞれ性質が異なるので一長一短がある。
 
まず大手メディアというか、メーカーなどに公認されているメディアについてはガイドブックといった感じのカタログ的な面で優れている。
ホールデビュー前に取材などをさせてもらい、(一応は)正確な情報が掲載される。
言ってみれば、ホールで配布されている小冊子の詳細版といった感じか。
ただ、事前知識ナシで打てるほど現在のパチンコ・パチスロは親切ではないので、これはこれで絶対に必要な存在となっている。

対して、個人などで運営している情報サイト等は、導入後の分析を得意としている。
大手メディアに掲載されている数値などをもとに、他から吸い上げたデータを肉付けして機種情報を発信しているわけだ。
つまり、ビッグデータの解析を得意としており、主にハイエナ手順の効率化などに秀でている。
ただし、サイトセブン等のサイトからデータを得ているので、あくまでも全体的な動きしか判断することはできない。

そのなかで、パチクラウドは何ができるのか。
その答えのひとつが、SACHiCO氏のコラムでした。

泥臭いことを言うようだけど、パチンコ・パチスロは机上の理論だけでは見えてこないものが絶対にあるんですよ。
現場で打っているからこそ見えてくるものが。

 
しかも、ここで言う現場とはプライベートで打つパチンコ・パチスロに限る。

あくまでも持論ではあるが、パチンコ・パチスロの能力って、仕事で打っているだけではスキルアップがほとんど望めない。
だから、動画の収録や来店イベントでいくらホールに滞在していても、なかなか生きた情報は見えてこないんですよ。

その点において、パチクラウドに寄稿していただいているライターさんは、現場を疎かにしない人が集まっている。
それどころか、まだライターの人数は少ないけれど、現時点ですでに他のメディアと比べても現場に割いている時間は負けていないと確信している。
パチクラウドは、その強みを活かしていきたいと考えている。

実際に、現時点での連載コラムは、どちらかというとパチプロ・スロプロ寄りのライター陣のものが多くなっている。
当然、これは意図的な人選であって、その理由は、とにかくまずは実益に繋がる情報を提供して、読者の皆様に金額的な価値を感じてもらいたいから。

 
幸いなことに、パチンコ・パチスロは情報の換金性が高いので、実用性の高い情報がひとつあるだけで500円をペイするのは難しくないでしょう。
だから、まずはそこを目指したいと思った。

思い返してみると、昔の攻略誌がまさにそういった存在だったように思う。
情報誌としては少し高く感じるような値段設定だったけれど、それを読んで得られる情報には値段以上の価値があった。

 
特に自分は、攻略誌を読むようになってパチスロの収支が飛躍的に向上した経験があるので、そのやり方を模倣しようと思った。
 
今どき、コラムを読むだけで有料ということに賛否はあるでしょうが、現場にこだわるライター陣の経験値を購入していただきたいと思っております。

先述したように、現状はパチプロ・スロプロ寄りのライターが多いですが、同じ方向性のコラムばかりを集めるつもりはないし、純粋に娯楽として読めるコラムも充実させていきたいと考えています。

なお、現在進行形で声をかけさせていただいているライターさんもいますので、来月以降に順次、新しい連載が加わっていく予定です。
あのライターさんに書いてもらいたい、こんな話を聞いてみたい…等々、御意見をいただけたら嬉しい限りです。

この記事を書いたライター

悪☆味

当サイトの発起人。サイトの立ち上げは人生最大のギャンブルとは本人の談だが、ここぞの勝負に負け続けてきた人間だけに不安が残る…