パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

パチクラウド#43「専門家」

2021.06.01

緊急事態宣言、まん防、ワクチン、オリンピック…。
どんなメディアでも連日、新型コロナやそれに附随した話題ばかりが取り上げられている。
しかも、だ。
テレビや新聞、ネットニュースだけならまだしも、Twitterでさえ新型コロナ関連のツイートが目立つ。
 
いや、パチスロライターのTwitterだぜ?
 
基本的にほとんど確認しないでフォロバしているとはいえ、その多くはパチンコ・パチスロ好きの人なはず。
 
そんな自分のアカウントでも新型コロナ関連のツイートが目立つということは、やはり世間の関心はそこにあるということなのだろう。
 
本音で言えば、パチスロと酒とラーメンとおっぱいだけが流れるタイムラインが理想なのだけども。
 
かく言う自分も、新型コロナが牙をむき始めた当初は、あれこれ勝手な見解をツイートしていたように思う。
 
ただ、途中で気づいたんだよね。
これ違うわって。
自分はパチスロライターだったわって。
 
テレビのワイドショーとかあるじゃない?
自分はあれが嫌いなんですよ。
 
ワイドショーそのものが嫌いというよりも、芸人だったり、スポーツ選手だったりが専門外のニュースについて勝手な見解を述べている姿が好きじゃないのだ。
 
もちろん専門家よりも真っ当に聞こえる意見を述べていることだってある。
でもそれはあくまでも素人のイチ意見でしかないし、逆に専門家が共感しかねる意見を述べていたとしても、少なくとも素人よりはその専門分野に時間を割いて勉強してきたはずだ。
 
だからこそ、メディアで発信する人間は専門家であれ。
 
自分はそう考えているんですよ。
当然、芸人やスポーツ選手の賑やかしが好きだっていう人もいるだろうから、それを否定はしないけど。
 
そう思ったときに、新型コロナ関連のツイートをしている自分に違和感を覚えたわけですよ。
 
あれっ、これってワイドショーで好き勝手にしゃべっている芸人と同じじゃんって。
 
特に新型コロナなんて神経を使うべき話題なので、自分みたいな素人が軽はずみで触れるべきじゃないだろう、と。
 
それ以来、意識してその話題を避けてきた。
本当に何もわからないもんね。
ウイルスのことも医療のことも。
いま話題のワクチンだって、本当の効果だったりリスクだったりが明らかになるのはずっと先のことでしょ?
専門家だって異なる意見があるくらいなんだから、自分にわかるはずがないんですよ。
 
ちょっと話は飛んでしまうけど、先日『東京湾に沈めるぞ!』とガールズバーの女の子を脅した暴力団組員が逮捕されたニュースって見ました?
 
女の子に高級バッグを買ってあげたり、韓国旅行に連れて行ってあげたにもかかわらず逃げられたライターがパチクラウドにもいるので、一歩間違ったらそのライターもこうなっていたのかなと思った。
 
…って、そんな話じゃなくて。
 
この事件でさ、もちろん悪いのは暴力団組員なのだけど、その切っ掛けを作った女性にも問題はあったんじゃないかと思うんですよ。
 
ニュースによれば、暴力団組員が洋服をプレゼントしたところ、その女性が「彼氏とのデートに着ていく」と言い放ったそうで。
 
自分がキャバクラなどに行っていたのは十代の頃で、仕事を始めてからはほとんど行くことがなくなったんだけど、それでも昔と今では違うなと感じることはある。
 
昔は水商売で働く女性も、専門家というかプロが多かったように思うんですよ。
疑似恋愛で客を引くけども、あしらいも上手いというか。
そういうプロ意識があれば今回みたいな事件は起こらなかったんじゃないかなって。
 
それで飯を喰うつもりなら専門家であれ、プロであれ。
 
自分がライター業務からパチスロ稼働メインの生活にスタンスを変えたのも、この考え方がひとつの切っ掛けになっている。
 
ライターも含めて、昨今の業界人はプライベートでパチンコ・パチスロを打たなくなったと言われるようになり、実際にそれは自分でも感じていた。
 
ただでさえ、パチスロ業界や紙媒体の低迷が続いていた時期だ。
攻略誌で働いている人間が、その専門分野で手を抜いていたら、その雑誌に説得力などあるはずがない。
だから、まずは自分がもっとパチスロを打とうと思った。
 
とはいえ、プライベートでパチスロを打っているライターが偉いというわけではない。
メーカーやホール関係者に取材をするのだって専門的な仕事だし、メディアに露出する広報的な役割もまた専門的な仕事である。
 
そんななかで、自分は現場にこだわることを選んだだけ。
実際のホール状況をたいして知らない人間が、机上の理論だけで書いた文章なんて価値がないもんね。
 
それぞれに役割はあれど、それを仕事とするならば専門家であれ。
 
まぁ、そのせいで年々収入が減り続け、キャバクラで呑むことすらできなくなってしまったけどな!

この記事を書いたライター

悪☆味

当サイトの発起人。サイトの立ち上げは人生最大のギャンブルとは本人の談だが、ここぞの勝負に負け続けてきた人間だけに不安が残る…