パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

パチクラウド#45「パンドラの箱」

2021.07.01

外部メディアによるパチスロのシステム解析が行われなくなって、もう何年が経過しただろうか。
今では設定看破などにおいてメーカーから出された数値を頼りにするしかなく、またそれが当たり前の土壌になっている。
 
ただ、これって個人的にちょっと怖いことだと思うんですよ。
 
第三者的な機関などのチェックなんて入らないわけだから、もしも、本当にもしもだけれど、メーカーが嘘の数値を発表したところで、その真相は最後まで暴かれることがないということになる。
 
ジャグラーに、BIGをREGに変換するモードが搭載されていたとしても誰にもわからないんだぜ?
 
まぁ、ちゃんと検定を通っている機械だからそんなことはないのだけども。
 
ただ、過去には裏物がはびこっていた時代だってあるわけだし、当たり前とされている情報が絶対に正しいと思い込んでしまうことは多少のリスクになるという意識を持つようにしたい。
 
そんな時代だからこそ、パチスロのという箱の中で本当はなにが行われているのだろう…という不安を持ったことはありませんか?
 
話はちょっと飛ぶかもしれないけど、最近のパチンコ・パチスロってうるさいじゃない?
大抵の人はボリュームを下げて遊技すると思うのだけど、全員がボリュームを調節するわけじゃないし、むしろ好きなBGMが流れる機種だからとボリュームを上げて遊技するプレイヤーだっている。
 
よく議論される話題でもあるが、個人的にはその正否には触れない。
少なくとも好きなボリュームで打つ権利がプレイヤーにはあるのだから。
 
ただ、やっぱり隣で爆音を鳴らされるとストレスになるわけですよ。
しかもね、不思議と爆音プレイヤーには出玉も付いてくる(気がする)んですわ。
 
そんな経験を何度も重ねたときに、ふと思ったんだよね。
もしかしたら、そういう機能が付いているんじゃね?って。
 
これは爆音に限ったことじゃないのよ。
 
ジャグラーとかでチェリーも狙わずに適当打ちしているプレイヤーはBIGが連チャンしたり、何かしらのオカルトを信じている人が実際にいっぱい出していたり。
 
ホールにとって、メーカーにとって、大切なお客さんというのは負けているプレイヤーである。
爆音=負けているプレイヤーではないけれど、割合で言えば専業寄りのプレイヤーは間違いなくボリュームを下げる人が多い。
おいっ、これはやっぱり何かやられているんじゃねえか??
 
そこで浮かんだ仮説こそが『AI内蔵疑念』である。
 
つまり、プレイヤーが台の設定を判別しようとしている向こう側で、実は台もAIによってプレイヤーを判別しているのだ。
 
コイツは負けても通ってくれる優良客だな…よし、BIGを当ててやろう。
コイツは打ち方が慣れているし、小役も取りこぼさないな…ハマリモードに入れてやれ。
 
そんな機能が搭載されているとしたらどうよ?
いや、そう考えたほうがしっくりくることが多いのよ。
 
アメリカが国をあげてUFO、つまり宇宙人の調査に乗り出す時代である。
パチスロにAIが搭載されていたって驚くほどのことでもない。
むしろ解析されなくなったパチスロなんて、まさにパンドラの箱。
なかで何が起きているかなんてわからないんだから。
 
いや、わかるよ。
読者のみなさま、特に古くから自分のコラム等を読んでくれている方々は『ついに悪☆味は壊れたか?』と思っているんでしょ?
 
そんな貴方にひとつだけ教えてあげたいと思う。
高設定を腐らせ続けると人間は壊れちゃうんだよ!!

この記事を書いたライター

悪☆味

当サイトの発起人。サイトの立ち上げは人生最大のギャンブルとは本人の談だが、ここぞの勝負に負け続けてきた人間だけに不安が残る…