パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

パチクラウド#54「副作用」

2021.11.16

東京近郊、北関東も含めて、最近はまたイベントが活発になってきたように見える。

ただ、興味深いのはイベントをやるホールが増えているわけではなく、元々イベントをやっていたホールがイベントの日数を増やしている傾向に見える。

 

いや、そもそもだけど、射幸心を煽るイベントは禁止されているんだよね。

便宜上、イベントと記述しているが、媒体系の取材だったり、演者やライターの来店だったり、晒し屋を使ったステマだったり……外部にお金を払って何かしらの告知をしているものを総称して『イベント』と書いているだけなので、別にホールが射幸心を煽るイベントを開催して集客しようとしているわけではありません。

 

って、今さらそんな建て前は要らないやね。

全部イベントよ、イベント。

広告宣伝規制なんて有名無実でイベントだらけ。

P業界にコンプライアンスなんて期待したらダメなのよ。

 

とはいえ、別にそれを非難するつもりはない。

集客がなければホールは潰れちゃうし、イベントでそれが回避できるのなら企業の在り方としては間違っていないのだろうし、買うホールがある限りはイベント屋だって次々と生まれる。

 

まぁ需要と供給ですよ。

打ち手がイベントをやっているホールを選んでいるならホールはイベントをやるし、ホールがイベントをやっているうちはイベント屋もなくならない。

そういうものでしょう。

強めの規制で一気にひっくり返る可能性はあるけども。

 

それにしても、だ。

最近のイベント増加傾向はどういう背景があるのだろうか。

一時期のオ○ミーや、で○ゃうみたいな大流行したイベントが出てきたわけでもなく、単純に既存のイベントを重用するホールが増えている印象がある。

 

イベントで集客が上手くいって、利益がしっかり取れるようになり、それならイベント日を増やして…っていう好循環になっているホールも稀にあるのかもしれない。

ただ、そんなホールは一握りで、もっと他に理由があるような気がするのだ。

 

代理店が売り方を変えたのか?

月いくらで使いたい放題プランみたいなものができたとか。

それとも、たまたま所轄の担当がうるさくない人になって調子に乗るホールが増えたのか?

…まぁ、そんなわけないよね。

 

で、色々と話を聞いたり調べたりして見えてきたものがある。

これは打ち手としても留意しておかなければならない事象だし、おそらく立ち回りやホール選びにも影響してくる問題なので、慎重に記していきたいと思う。

そして当然、ここからは有料となる。

なんでも無料で手に入ると思うなよ?

この記事は会員限定の記事になります。

続きは会員登録をすることで
読むことができます!

会員登録(月額500円※税抜

会員登録をする