パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

しのけんイズム#7「ステマの是非より」

2020.09.27

今回は、稼働に関しての精神論というよりは、昨今の新台広告宣伝の流れについて、気になった事があるので語ろうかなと。

 

Twitter等SNSの普及で、それらを使った広告宣伝が目立つようになってきました。

 

いわゆるステマ。

 

有名芸能人が使い込んでもいない商品を、「コレ、とても良いですよ!」とSNS等で紹介するパターンですな。

 

この流れはパチ・スロ業界も同じでして、昨今は新台が導入されると、その新台を打った(的な)ライター・演者が「この台の〇〇がとても面白い!」等、いかにも個人的な感想を述べて、その結果として宣伝するというものがあります。

 

自分が初めてパチスロ関連で、それだと気づいたのは、とある『ル〇ン』系の機種が導入された時。

やたらと「純増○枚は気持ち良い!」的なツイートをするライターが多くて探りを入れたら「ステマ案件」だったというオチでした。

 

で、その時感じたのは、「もっと自分流の感想に改編して表現すれば良いのに…」っていう哀しい気持ちでした。

だって、自分ですら違和感を抱くくらい、皆同じような言葉を羅列しているんだもん。

 

「こういう事を書いてください」というテーマを指定されていたとしても、少しは“ライター”として個性ある文章にしてほしかったのです。

 

…そして同時になるほどと思うこともありました。

こういう案件が増えて、「所詮ライターはメーカーの犬」と思う人が増えてきてしまったんだなぁと。

 

…んで、ここからが本題。

 

この流れでいうと、ステマ案件を否定する反骨精神ライター的な文章が続くと思われるでしょうが、実はそうではありません。

この記事は会員限定の記事になります。

続きは会員登録をすることで
読むことができます!

会員登録(月額500円※税抜

会員登録をする