パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

しのけんイズム#14「低設定はアツくドキドキ」

2021.04.30

「もうパチスロに対して、アツくなったりドキドキしたりは出来ないんじゃないの?」。

 

普段パチスロを純粋に楽しんでいる知り合いから、こんな質問を投げかけられました。

 

一般的なスロッターのパチスロに対する接し方は、仕事帰りに「一勝負するぞ!」的な感じかと。

 

設定は良いに越した事はないけれど、パチスロが好きだから低設定でも一勝負。

そういう接し方をしている方からすると、「高設定であれば挙動は無関係にブン回し、低設定であれば夢など見ずに即ヤメ」している自分のような人間は結果、パチスロを楽しんでいないとイメージされがちなのですよね。

 

実際問題として、高設定に座れた後は台に身を委ねるだけ…な状況の時はドキドキ感が薄いかもしれません。

特に昨今の6号機の設定6は作業感が否めないですから。

 

でも、アツくなったりドキドキしたりしていないかと問われれば、決してそんな事はない。

特に6号機になってから、そのドキドキ感は増えたような気がします。

 

…何故でしょうか。

この記事は会員限定の記事になります。

続きは会員登録をすることで
読むことができます!

会員登録(月額500円※税抜

会員登録をする