パチンコ・パチスロの動画、
情報配信メディア「パチクラウド」

パチクラウド

マイペンライ#0

2019.12.03

引き子、打ち子、軍団……ピンプロさんや一般ユーザーさんにとっては間違いなく嫌いなワードですね。
 
恐らく皆さんのイメージ的には己の利益の為ならルールは守らないわ、店を荒らすわ、とにかく店の風紀を乱す、やりたい放題の腐れ集団といった所でしょうか。
 
そんな腐れ集団の長をしている僕ですが、不思議な縁があってこの度パチクラウドにてコラムを書かせて頂く事になりました、猫旦那と申します。よろしくお願い致します。
 
前置きが長くなりましたが、僕はパッスロ(スロット)から得る収入のみで生活している無職でございまして、冒頭でもお伝えした通りパチ屋における腐れ集団の長、いわゆる軍団長でございます。それも現役です。
 
ただ僕の場合は周りに気づかれないように打ち子を使うように意識しているので大目に見てください、そしてお許してください。だってバレなきゃピンだもの。
 
さて、パチクラウドを訪れてくれて、これを読んでいる皆さんとどれくらいの付き合いになるかわかりませんが、僕が何者か知って頂きたいので、まずは自己紹介をさせて頂きますね。
 
年齢は三十代。専業歴(無職歴)13年ほど。使う打ち子の数は強い日で5~6人かそれ以上、普段はピンか使っても1人か2人。バツイチ。年間収支はその辺の軍団長とそんなに変わらない、たぶん。
 
えー…終わり。
 
…にしたい所ですが、それじゃあまりにあっさりしているので、僕のスロットとの出会いから現在に至るまでの事を書いていきたいと思いますので少々お付き合いください。はぁライターって大変…。
 
僕が初めてパチ屋に入ったのは高校生の時です。
当時つるんでいた悪友に誘われまして現金機のギンギンパラダイスというパチンコを打ちましたら、これがまさに絵に書いたようなビギナーズラックで500円が5万円になりましてね。
 
パチンコの楽しさと、金が簡単に増える事を知ってしまった猫旦那少年はここからパチ屋に入り浸るようになりました。
時給670円で働いていたコンビニのバイト代はパチンコを打ちたいが為に日払いにしてもらい、5時間働いて得たたった3~4000円を握ってパチ屋に特攻しては十数分で泣きながら帰る日を、雨の日も風の日も送っていました。
平で打っているだけでしたからそうなるのも当然ですわな。
 
そして色々と重なって高校を中退する事になり、猫旦那少年は家を出て一人で生活するようになりました。
働ける職種に制限がなくなった猫旦那少年は、これまた悪友に誘われ渋谷の違法カジノで働く事になります。
 
仕事内容といえば基本つっ立って主に水商売の方やあぶない系の方々を適当に相手するだけ。
給料は、12時間勤務で日払い18000円くらいもらっていましたな。
 
高校生の頃は数千円の勝負しか出来なかったので遊べる安いパチンコしか打てませんでしたが、今や日給18000円。
ええ、(ちょっと)打てちゃうんですよ。パッスロを。爆裂機を…。
 
当時の流行り機種と言えば皆さんご存知だと思われる爆裂AT機の獣王。
刺されば一時間で5000枚くらい出ちゃうんですから猫旦那少年は21時のバイト終わりに毎日有り金を突っ込んでいました。
そしてやはり数十分で泣きながら帰って行きました。
 
友達が楽しい高校生活を送る中で、僕は12時間働いて得たお金を数十分で溶かしては漫画喫茶で寝泊まりし、また同じ事を繰り返す日々。
必要最低限のお金と満喫代以外は全部スッていましたから月40万は負けていましたな。
ほんとクソみたいな青春でしたわ。
 
そんな生活が続く中でひょんな事からサクラをやらないか?と誘われまして。
お店の内部の人間が設定6を教えてくれるのでそれ回すだけで最低14000円+差枚ボーナス的な感じでしたな。
とにかくパッスロ好きでしたからパッスロで遊べる上にお小遣いを貰えるなんて、猫旦那少年にとっては夢のような話でしたから2つ返事でオーケーしました。全く知らない人でしたけど。今思えばこの出会いで僕の人生が決まりましたね。
 
サクラでしたから店のどこに6があるかはほぼ全て把握していたので、店が出したい機種や出したい日は手に取るようにわかるし、前回はこうだったから今回はこうか?みたいな、店側が考えている事を考えるようになりまして。
 
こうして設定を意識するようになってからは甘い時代だった事もあり、割と簡単に勝てました。
そしてパッスロで食う事を覚えた猫旦那少年は以後十数年、生活の全てをパッスロで賄えるほど立派な無職に育ってしまいました。
 
こんな感じですかね。いやしかし今回は自己紹介という事で無職になった経緯を書きましたが、自分で書いていてなんとも薄っぺらい人生に泣きたくなりますな…。
 
数年前にスロブログを書いた事はありましたが、所詮は自己満のブログ。
こういった長い文章を書くのも初めてで、尚かつ次回からは有料になりますから、めちゃくちゃプレッシャーを感じていますが、僕以外の色んな方達が他では読めないようなコラムを書いてくれるので、僕なんかはあってもなくても変わらないリゼロの白アイコンくらいの存在とでも思って頂き、皆さんどうか温かい目で見てやってください。
 
普段の稼働や軍団の話は次回以降に書きますね。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。是非次回も読んで下さいな。
 
いやぁ文章を書くのって大変やね…。

この記事を書いたライター

猫旦那

ツイッターでの言動を見ているとまったく想像できないだろうが、ホールで稼働している姿はまさに冷静沈着。軍団稼働の利点を知り尽くしつつも、決してホールで目立つことはない。なお、旦那と名乗ってはいるが、嫁はナシ…